05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

カレンダー(月別)

FC2カウンター

SkyClock

QRコード

ついったー

オリコンチェック!

龍が如く OF THE END

けいおん!放課後ライブ!!

初音ミク ドット絵Ver

ニュース速報

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ビームの夢見る頃を過ぎても シーズンⅤ

自分の生き様を語ってるブログです(ぇ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: -- |  cm: --
go page top

ビーム的映画レビュー #49~52

震災後、余震に怯えながら一応映画は何本か観てまして…
溜まってきたのでいつもより簡潔ですが、まとめてレビューします!
ザ・ファイター

ザ・ファイター (2010年 アメリカ)
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:マーク・ウォールバーグ クリスチャン・ベイル エイミー・アダムス 他



ストーリー

地域の期待を一身に背負う名ボクサーだが、
短気でだらしない性格から破綻した日々を送っている
兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)と、
才能に恵まれていないボクサーの弟ミッキー(マーク・ウォールバーグ)。
過保護な母アリス(メリッサ・レオ)や
兄に言われるがままに試合を重ねるが、一度も勝利を収められず…。






主役のマーク・ウォールバーグも素晴らしいが、
何より弟を演じたクリスチャン・ベールの演技がパネェ!
これはアカデミー助演男優賞も納得!

エイミー・アダムスもプヨった体もなんとも色っぽい。
そして出てくる女どもがウザいwww



ストーリーは王道だけど、その中でも家族愛が深く
ファイトシーンも熱いです!

劇中の音楽ももロックファンにはたまりません!



エンジェル・ウォーズ

エンジェル・ウォーズ (2011年 アメリカ)

監督:ザック・スナイダー
出演:エミリー・ブラウニング アビー・コーニッシュ ジェナ・マローン 他



ストーリー

幻想的な世界に閉じ込められたベイビードール(エミリー・ブラウニング)は、
バーチャル兵器を使いこなす4人の女戦士を集め
、自由を求めて戦うことに。
想像の世界の中でワイズマン(スコット・グレン)の
手助けを受けた彼女たちは成功すれば自由を手に入れることができるが、
そのためにはある犠牲を強いられる運命にあった。






とにかく映像がすごい!
音楽もカッコいい!

そして、女の子たち4人のキャラもとってもキュート…
いや、エロカッコいい♪



基本的にストーリーは皆無みたいなもんなのに、
ラストの展開がイマイチ納得出来なかった。

ぶっちゃけ始まって1時間半までは完璧だったのに、
このせいで台無しにされた感じかなw

ただ、観終わった後自分なりにラストの意味を
ここまで深く考えたのも滅多になかったです。

そう見ると奥が深い作品なのです。



ガリバー旅行記

ガリバー旅行記 (2010年 アメリカ)
監督:ロブ・レターマン
出演:ジャック・ブラック エミリー・ブラント アマンダ・ピート 他



ストーリー

新聞社で郵便仕分けの仕事をしながらジャーナリストを
目指すガリバー(ジャック・ブラック)は、
謎のバミューダ三角地帯を取材するチャンスをつかむ。
取材のため、航海の旅へと出たガリバーだったが、大海原で嵐に見舞われ、
気が付くと小人が暮らす国、リリパット王国にたどり着いていた。






日本のゲームをかなりオマージュされているので、
ゲーム好きな人にはたまらない映画なのは間違いないですね。

これはオタが楽しむまさに厨二向きの映画w
俺は好きですw



3D吹替えで観たんですが、まだ吹替えはいいとして、
3Dの意味がまったく皆無でした。

3Dの作品は何本か観てきたけど、ここまでなかったのは
初めてかも。

2Dで観れる環境ある人は是非そちらでw



ストーリーもジャック・ブラックのノリで進んでだので
ストーリー自体は薄かったかな。

それでもいろんな映画のパロディがふんだんに使われてるから、
笑える部分があるのも間違いないんだけどね~。



個人的にはジャック・ブラックファンなら楽しめる作品かな。
まぁ、この時期だから笑って元気もらうにもピッタリだけどね。



塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル (2010年 アメリカ)
監督:ネイサン・グレノ バイロン・ハワード
声:マンディ・ムーア(中川翔子) ザッカリー・リーヴァイ(畠中洋) 他



ストーリー

深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがない
ラプンツェルは、母親以外の人間に会ったこともなかった。
ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、
ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。
しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす
冒険の始まりのきっかけとなり…。






これは当初はまったくノーマークだったんですが、
ツイッターで絶賛の嵐で『ガリバー』とハシゴで観ました。

そもそも俺はディズニー映画はピクサー制作のを数本かじった程度で
ほぼ無知な状態でした。

そんな中観てきたんですが、最高だった!
もう感動しました!



ラプンツェルの夢と自由を求めフリンと共に向かうんですが、
冒険していくうちにいろんな壁を突き破って成長していく姿。
ラストも憎たらしいほど素晴らしい終わり方で感動しましたね。

フリンという男も今でいうチャラ男のどうしようもない奴なんですけど、
ラプンツェルと行動していくうちにカッコよくなっていくんだよね。
男の俺から見ても憎めないいい奴!



また吹替えの中川翔子がハマり役で上手すぎ!
歌の場面はさすがに違うんだけど、俺は観終わるまでは気づかなかったw
それぐらいの見事な吹替えで安心して観れます。

そして3Dも否定的がある中、これはむしろ3Dで観てよかった。
某所のある物が浮かぶシーンは自分が3Dで観てきた中でも
最高のベストシーンです!
この場面は子供もかなりリアクションしていて手を伸ばしてましたからね。



個人的には子供よりも大人の方が楽しめるんじゃないかと思ったほどの作品。
ディズニー舐めてた。
これは激しくオススメしたい作品です!
スポンサーサイト

カテゴリ: 映画レビュー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirakirabeam611.blog27.fc2.com/tb.php/1307-08301d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。