09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

カレンダー(月別)

FC2カウンター

SkyClock

QRコード

ついったー

オリコンチェック!

龍が如く OF THE END

けいおん!放課後ライブ!!

初音ミク ドット絵Ver

ニュース速報

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ビームの夢見る頃を過ぎても シーズンⅤ

自分の生き様を語ってるブログです(ぇ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: -- |  cm: --
go page top

ビーム的映画レビュー #31

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!

踊る大捜査線 THE MOVI 3 ヤツらを解放せよ! (20010年 日本)
監督:本広克行
製作:亀山千広
脚本:君塚良一
出演:織田裕二 深津絵里 ユースケ・サンタマリア 他



ストーリー

次々と進化し変貌を遂げていくお台場は、
今やテロリストにとっても格好の標的となっていた。
そんな中、湾岸署では、高度なセキュリティシステムを
導入した新湾岸署への引越し作業が行われようとしていた。
そして、その仕切りが、強行犯係係長に昇進した
青島刑事に一任されたのだった。
新湾岸署の開署式まではあと3日。
引越しプロジェクトの大役に大張り切りの青島刑事だったが、
なんとその最中に湾岸署管内で次々と事件が発生、
ついには湾岸署から青島やすみれらの拳銃が3丁盗まれ、
連続殺人事件へと発展する事態となってしまい・・・。





先週の月曜のメンズデーのレイトショーで観ましたが、
自分が観た中では過去最高に混んでました。
30人近くいたでしょうか?

都会のシネコンではこれでも空いてる方かもしれませんが、
自分が行く時は10人そこそこしかいなかったので、
それに比べれば激混みでしたw

実際『トイ・ストーリー3』と時間重なってたからロビーも
かなり混んでましたし。



さて『踊る3』はこの夏というか、今年の実写の邦画作品では
ナンバー1候補ですが果たしてどうだったか?



※本編のネタバレはなしです。
ただし最後の追記でネタバレ晒してるので注意!
シリーズ3作すべて観てますが、やっぱ太鼓判付きですね!
いかにも踊るらしく3も面白かったです(*゚▽゚*)

ただ欲を言えばスケール感がなくなったかなぁ・・・
ストーリーは面白いんだけど、SPドラマでも出来そうかなと。

それと豪華キャストだけど、あまり引き立ってなかった。
この辺りは同じ織田主演の『アマルフィ』と被って見えました。



それでも伊藤淳史は光って見えました。
和久さん(いかりや長介)の甥っ子の設定でしたが、
青島との名コンビが誕生したかもしれません。

いかりや長介をリスペクトしてるところも
ファンにはたまりませんね。



織田裕二が4について言及してましたが、
新キャストも登場したことだし、個人的には連ドラの復活を望みたい!

連ドラでまた新たな踊るを見せてそこから4の方が
よりよい作品になりそうだしね。



てことで、踊るファンなら映画館で観て楽しめると思いますが、
今回から観る人などはレンタルでもいいんじゃないかな。
ま、『踊る』はレンタル遅いのがアレですが・・・



以下ここから後に判明したこと。
完全ネタバレなのでこれから観る人はスルーで。




















実は犯人は連ドラの第一話で青島が最初に捕まえた人物だったのです。
さらにSPドラマでも同じ役で再登場してます。

犯人が連行される時、青島が「どこかで会った?」と問いかけるのですが、
その時点では青島は自分が過去に捕まえた奴だと分かってないはず。



連ドラから3までの13年間、これは単なる製作人の小ネタだったのか?
どちらにしても俺はこれ知ってホントに踊らされましたw

青島が「どこかで会った?」はかなーり気になってましたが・・・

ていうか、俺は小栗が犯人だと思ってましたw
マイク越しの声が似てたからw
スポンサーサイト

カテゴリ: 映画レビュー

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kirakirabeam611.blog27.fc2.com/tb.php/1115-bbc4b5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。